雑草対策・土ぼこり・水はけ・豪雨対策・ATTACトース・クレイ工法・災害対策│愛知県春日井市

メカニズム
透水性保水性土壌改良工法

これまで多く採用されてきました道路舗装工法は、
路面を平らにし、アスファルト又はコンクリートで
覆う事で、道路通行という機能面を重視した工法です。

これに対してATTACトース・クレイ工法は、
道路の機能を損なうことなく、さらに土壌の持つ保水性、
浸透性の機能を保持する事により、従来の工法と
比較して地球環境にやさしい、多くの効果が得られる工法です。

そのためのメカニズムは、表層となる土を
立体網目状の団粒構造に改造する事により
雨水の透水性と保水性を高めます。団粒構造に
改良した土は微粒子が結合し塊を
作るため、水の通りがよくなり、しかも微粒子が
流れ出すことなく水が澄んでいます。

メカニズム
メカニズム